「学校で囁かれる恐ろしい都市伝説:あなたの背筋が凍る怖い話コレクション」

学校の怖い都市伝説:トイレの花子さん

学校のトイレでよく囁かれる恐ろしい都市伝説の一つが、トイレの花子さんです。この伝説は、日本全国の小学校や中学校で語り継がれていると言われています。花子さんは、女子トイレの最後の個室に住んでいるとされる幽霊で、トイレットペーパーを渡すか、持っていくかを尋ねてくると言われています。花子さんに出会った場合、どちらの選択肢も選んではいけないとされています。選んでしまうと、花子さんに連れ去られてしまうと言われています。

学校の怖い都市伝説:人面犬

人面犬は、犬の体に人間の顔があるという恐ろしい姿をした化け物です。この都市伝説は、学校の校庭や周辺で目撃されることがあると言われています。人面犬は、夜道を歩いている人に突然現れ、その恐ろしい姿で人々を驚かせます。しかし、人面犬は人を襲ったりすることはなく、ただその場に立っているだけだと言われています。人面犬に遭遇したら、目を合わせずにそっと立ち去ることが無難だとされています。

学校の怖い都市伝説:赤い紙、青い紙

赤い紙、青い紙の都市伝説は、トイレで起こるとされる怖い話です。この話によれば、トイレで用を足していると、隣の個室から「赤い紙がいいですか、青い紙がいいですか?」という声が聞こえてくると言われています。どちらを選んでも、選んだ紙に応じて恐ろしい目に遭うとされています。赤い紙を選ぶと、体中から血が吹き出し、青い紙を選ぶと、体が青くなって息ができなくなると言われています。この都市伝説に遭遇したら、どちらも選ばずに逃げ出すことが最善の策です。

学校の怖い都市伝説:階段の13段目

階段の13段目は、学校の階段で囁かれる恐ろしい都市伝説です。この話によれば、学校の階段には、実際には存在しないはずの13段目があるとされています。この13段目に足を踏み入れると、その人は二度と戻ってこられないと言われています。また、13段目には幽霊が住んでいて、足を踏み入れた人を連れ去るとも言われています。この都市伝説を避けるためには、階段を登る際に段数を数えないことが大切です。 これらの学校で囁かれる恐ろしい都市伝説は、あくまで伝説であり、実際には存在しないとされています。しかし、これらの話を聞いたり、語り合ったりすることで、学校生活に少し刺激を与えることができるでしょう。ただし、都市伝説に過剰に恐れることなく、楽しむ程度に留めておくことが大切です。

この記事はきりんツールのAIによる自動生成機能で作成されました

コメント

タイトルとURLをコピーしました